2011年08月24日

どんぶらこ〜とやってきた!

ついこのあいだ「しばらく過去ネタでいきまーす」とか言っておきながら
意味のないつぶやきのような更新ばかりでしたが、
やっと写真の整理がついたので徐々にさかのぼっていくことにします。

1ヶ月ほど前の写真。
青森からこんな船がどんぶらこ〜とやって来ました!



北前船(きたまえぶね)という船です。
日本海側に住んでいる人は聞いたことがある人が多いかも知れません。

かつて日本海沿岸を走っていた船。
何週間もかけて、おそらく死に物狂いで荷物を運んでいたのだと思います。
一往復するだけでしばらく遊んで暮らせるとかなんとか・・・。

北海道人で先祖がこの船に乗って来たという人もけっこういるようです。
現存している船はもう一隻もないとのことで、これはその復刻船。

詳しくは
みちのく北方漁船博物館
日本海文化交流−甦れ海の道−
あたりをごらんください。あまり話すとボロが出るので。笑

で、その一般公開の日のうち2日間だけお手伝いをさせてもらいました。

接客業を離れて早10年。
ひさしぶりにたくさんのお客さんとお話ししました。

船をじっと眺めながら「死ぬまでに一度見ておきたかったのよ」
なんてことを言う杖をついたおばあちゃんとほんの数秒一緒に並んで
船を眺めたら、つられてホロリと一緒になって涙ぐんでしまったり、
「これから寄港地へ追っかけするの!」という元気なおかあさんと
熱く魅力を語り合ったり・・・。

来場者数はなんと1日に1000人以上!!
すごかった〜。
疲れた〜。
けど楽しかった〜!やっぱ接客は楽しい〜!



1時間以上待ちでもみんなお行儀よく並んでいました。
この船尾にある窓(舵の出し入れをするのだそう)を中から見ると



こんなんです。(スタッフの役得♪)
ちょっといい感じでしょう!のんびりコーヒーでも飲みたい気分^^
中は全体的にとてもいい木の香りがします。



あっという間に見終わっちゃうけど、降りてきた人はみな笑顔、笑顔!
「きっともう見るチャンスはないと思う」って言う人が多かった。
確かにそうかも知れません。
あんなにたくさん「ありがとう」を言われたこともなかったかも。



夜には目の前で花火が上がったり(ブレブレでお恥ずかしい^^;)



地元の太鼓の演奏があったりと、他の地域の様子を見るとなんだか
少し物足りない気もしますが、これはこれで我がマチらしい
アットホームな感じのいいイベントだったと思います。

ひとつ心残りなのはここのページにあるような姿を見たかったのに
残念ながらこちらでは帆を張らなかったこと。

ホントに残念!
私もおっかけすればよかったー。笑

2010年09月16日

津軽海峡縦断。

1ヶ月前の話ですが・・・笑
今年も夏休みをとってドンブラコ〜の旅に行ってきました!


出発の朝。
心配していた台風の影響があって、急遽函館で一泊。
目覚めるとこんなにいい天気!
さっさと準備して、ウキウキでしゅっぱーつ♪


今回の目的地は下北半島。
函館から行くには津軽海峡を渡らなければなりません。
津軽海峡って、日によってけっこう荒れるらしいんですよ。
元々船に弱い私はウキウキというよりドキドキ・・・。

ただ乗せてもらってるだけなんで、役に立たないのはともかく
酔って大変なことになったらみんなの大迷惑・・・なので、
いつもどおり(笑)寝たり起きたりごまかしごまかし・・・。

そして・・・

続きを読む?

2010年05月23日

デカイ!

お昼休みに外へ出たら、いつもいる観光客とはちょっと違うカジュアルリゾートスタイルな
外国人の老夫婦が何組か歩いていました。

さてはまた客船が入ったな?



やっぱり!

この道、いつもこの時間はほとんど車が走っていません。
みんな見にきていました。私もさっそく近くへ・・・。



船首側は車がとめにくかったので、船尾側から。
うわー。でかいなー!と思わず声が出ます。
レジェンド・オブ・ザ・シーズ(Legend of the Seas)
パナマ船籍 総トン数7万トン。
(7万トンって?全く想像がつきません。笑)
全長264m。
(100m走2.5回分。おぉー!長い!!)
乗客定員1,804人。乗組員数723人。
(ひとつの村ができちゃうよ〜)
上のほうはぐるりと薄いグリーンのガラス張り。
1995年就航だそうで、なんとなく時代を感じさせる作り。
ですが、最新式じゃなくてもこんな船で旅してみたい・・・。

ん?てっぺんの四角いのはなんだ?



なんと!クライミングウォール!!
海の上でクライミング!?

ちなみに最初の写真の左側に見えるサイロのてっぺんから下を見ると
人も車も建物も、全部ミニチュア模型に見えます。
ということはこのウォール、かなりの高さ・・・。
そして海の上ということは、少なからず揺れるということです。

ふふふ。おもしろい。
いろんなこと考える人がいるもんだなー。

夜10時すぎ、汽笛の音が聞こえたので海を見ると、エレクトロニカルパレードか!
というくらいのまばゆい光を(カラフルな色はなかったけど)ビッカビカに放ちながら
ウラジオストックへ向けてド派手に出港していきました。

あのガラスはライトアップのためだったのか。
と妙に納得。

いいなぁー豪華客船の旅。

2009年08月19日

夏の想い出。



今年の夏は暑くない。

だいたい平均25度くらいかな。

「かき氷食べたい〜」とか
「海に飛び込みたい〜」とか
「キンキンに冷えたビールが飲みたい〜」
なんて思った日は10日もあったかどうか。

お盆休みを利用して、今年もドンブラコ〜な旅をしたけれど
太陽を見たのは5日間のうちたった1日。

久しぶりに太陽の下ですごした貴重な1日は
広い海を風をきって走るヨットの上にいました。

非日常的で超贅沢なこのシチュエーションに
この上ない幸せを感じ(いつ酔うかとドキドキしつつ)
今年の夏一番の想い出を全身で記憶したのでした。


なんて書くと格好いいけど、両手には酔い止めバンドの
日焼けあとがくっきり。鼻の頭も真っ赤っか。

今日は1日、丘酔い状態でフーラフラ。

やはり、非日常は「たまに」で充分なのでした。

2008年11月01日

さよならナッチャン。

10月いっぱいで函館〜青森の高速フェリーの運航が
終了してしまいました。

って書くと、本州と北海道が断絶されたように聞こえる。
陸の孤島・・・?笑

いえいえ、実際は「高速フェリー」が終了しただけで
「普通の(?)フェリー」はちゃんと走っているし、
JRで青函トンネルだって通れます。

まぁでも特に青森に行く用事もないし、その前に函館まで
行くのに5時間くらいかかるので(北海道は広いんです)
そのうちいつか乗る機会もあるでしょ と思っていたら、
なんとこの10月で廃止になる!と聞いてビックリ!
だってまだ就航してから1年くらい。
新型が出たのもつい最近だよね!?ってくらいですから。

無くなると聞くと惜しくなるのはよくあることで、
慌てて乗りに行った人もけっこういたみたいです。

そして私も例に洩れず・・・笑









広くてキレイな船内。
最初から最後までほとんど揺れません。

勿体ないなぁと思うけど、色々事情があるのでしょう。



かわいいイラストが物悲しく見え・・・。

おつかれ、ナッチャン。

※ナッチャンとは船の名前。
 ナッチャンRera・ナッチャンWorld がありました。
 http://www.higashinihon-ferry.com/natchanrera/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。